Sorry, This page is Japanese only.

vi.xmlリファレンス

vi風キーバインド一覧

通常(コマンド)モードにおける、繰り返し用コマンド
キー動作備考(実際出力されるキーなど)
数字"数字"の回数だけ、次のコマンドの繰り返し'g'キーを押すことで、繰り返しの中断が可能。
通常モードにおける、すべてのコマンド(ピリオドも)の繰り返しが可能。
.(ピリオド)前回の編集系コマンドの繰り返し前回、"i(挿入)(キー入力)Escape"と打ったら、iからEscapeまでの一連のキータイプを再現する。ただし、キータイプを繰り返すだけなので、かな漢で変換候補が変わった時は、同じ文字出力結果にならない。



通常(コマンド)モードにおける、編集系コマンド
キー動作備考(実際出力されるキーなど)
d w次の単語をカット
d b直前の単語をカット
d $行末までカット
d 0行頭までカット
d d一行カット
D行末までカット
xデリートDelete
XバックスペースBackspace
pカーソル位置か、カーソルの下の行にペースト文字単位のペーストか、行単位のペーストかは、前回のカットやコピーが、文字単位か行単位かで決まる。
Pカーソルの一つ前か、カーソルの上の行にペースト文字単位のペーストか、行単位のペーストかは、前回のカットやコピーが、文字単位か行単位かで決まる。
c w次の単語を削除して、挿入モードへ
c b直前の単語を削除して、挿入モードへ
c $行末まで削除して、挿入モードへ
c 0行頭まで削除して、挿入モードへ
C行末まで削除して、挿入モードへc $と同じ
iカーソル位置から、挿入モードへ
I行頭から、挿入モードへ
aカーソルの一文字後ろから、挿入モードへ
A行末から、挿入モードへ
oカーソルの一行下を開けて、挿入モードへ
Oカーソルの一行上を開けて、挿入モードへ



通常(コマンド)モードにおける、コピー系コマンド
キー動作備考(実際出力されるキーなど)
y w次の単語をコピー
y b直前の単語をコピー
y $行末までコピー
y y一行コピー
Y一行コピーy yと同じ



通常(コマンド)モードにおける、カーソル移動コマンド
キー動作備考(実際出力されるキーなど)
g gページ先頭へCtrl-Home
jカーソル下
kカーソル上
lカーソル右
hカーソル左
Ctrl-jカーソル下GeditなどのGNOME系アプリでは、ポップアップメニューでの項目移動が、上記のj,k,l,hでは、うまくいかないことがある。その場合は、Ctrlを押しながら、j,k,l,hで、うまくいく。
Ctrl-kカーソル上上記参照
Ctrl-lカーソル右上記参照
Ctrl-hカーソル左上記参照
w一語前進Ctrl-→
b一語後退Ctrl-←
0行の先頭Home
$行の末尾End
Ctrl-dスクロールアップNext
Ctrl-uスクロールダウンPrior
Gページ末尾Ctrl-End



通常(コマンド)モードにおける、:(コロン)で始まるコマンド
キー動作備考(実際出力されるキーなど)
:w Returnセーブ":"は、"Shfit-;"(+semicolon)で定義されている。これは英語キーボード用なので、日本語キーボードの場合は、":"(colon)に変更すること。
Ctrl-sが出るだけ。大抵のアプリでは、「名前をつけて保存」が出るだろう。
":w!"とか、":w ファイル名"とかは、今のところ、出来ない。
:q Return終了Alt-F4が出るだけ。
":q!"は出来ない。
:e Returnファイルを開くCtrl-oが出るだけ。
":o ファイル名"、は出来ない。



ヴィジュアルモード、ヴィジュアルラインモードにおけるコマンド
キー動作備考(実際出力されるキーなど)
dカット、および、通常モードに戻る
yコピー、および、通常モードに戻る



モード変更コマンド
キー動作備考(実際出力されるキーなど)
Escape挿入モード、ビジュアルモードから、通常モードに戻る
v通常モードから、ヴィジュアルモードへ
V通常モードから、ヴィジュアルラインモードへ



その他
キー動作備考(実際出力されるキーなど)
/検索Ctrl-fが出るだけ。大抵のアプリでは、「検索」ダイアログが出るだろう
uアンドゥCtrl-z



※ここまで説明したすべてのキーバインドは、端末アプリ(GNOME端末、KDE端末、XFCE端末)がアクティブウインドウだった場合は、すべてキャンセルされる。



viとは関係ないけど、便利そうなキーバインド

viとは関係ないけど、便利そうなキーバインド
キー動作備考(実際出力されるキーなど)
Super-mGNOMEメニュー表示Alt-F1
Super-k一つ前(右)のタブへ移動GNOME標準形式(firefoxなど)、GNOME端末、Geditに対応している。
Super-j一つ後ろ(左)タブへ移動GNOME標準形式(firefoxなど)、GNOME端末、Geditに対応している。
Super-dタブ消去GNOME標準形式(firefoxなど)、GNOME端末、Geditに対応している。
Super-u戻るAlt-←。firefox等で、「戻る」に相当する
Super-oフレームやペインの移動F6
Ctrl-' (アポストロフ)コンテキストポップアップメニューの表示Shift-F10。英語キーボードでは、アポストロフがセミコロンの右なので、こうした。日本語キーボードでは、":"(colon)の方がいいだろう
Ctrl-Alt-Shift-Escapexfumbleの終了



蛇足(vi派の諸兄へのラブレター)

  • カニカマが、本物のカニじゃないみたいに、あくまでも、「vi風味」です。細かいカーソル移動などを、厳密にviと同じにすることはできません。それでも、j,k,h,lでのカーソル移動や、ピリオドは、それなりにおもしろいんじゃないかな。「vi風味」をお楽しみください。
  • 検索や、置換系のコマンドは、実装するあてがありません。作者はお手上げ状態ですが、いいアイデアがあったら、お教えください。
  • 作者自身は、あまりviを使ったことがないのですが、今回のvi.xmlの実装で、viの動作を確認する度に、その完成された仕様に舌を巻きました。特に、数引数とピリオドのあたりは、えらくコーフンしましたね。実装は本当にややこしかったですが、ファイトが沸きましたよ(笑)。「アハハ、よく作ったね」と、喜んでもらえたら、うれしいな。