«前の日記(2011-11-30 [水]) 最新 次の日記(2011-12-05 [月])» 編集
RSS: href="http://endoh-namazu.tierra.ne.jp/diary/index.rdf"


半期 四半期 全カテゴリ

新・なまず日記


2011-12-02 [金]

_ [その他]鼻血の夜

屈んでラーメンの汁をすすっていた。

レンゲに赤い花が咲いた。

鼻血だった。

京橋の夜10時。つまらない仕事をして帰る途中で立ち寄ったラーメン屋。

残り一枚のポケットティッシュでは防ぎきれない。ハンカチで鼻を押さえて店をでる。すぐにハンカチにどす黒い斑模様が広がった。

さっきまで、愛想を振り撒いていた客引きの女の子が、視線を背ける。

雑踏を掻き分けて国道を渡り、ドラッグストアに駆け込む。店主に告げる。

「ぼげっどでぃっしゅあびばすか?」(ポケットティッシュありますか?)

「ああ?なんだって…?あー!ちょっとまってよー!」

血染めのハンカチを見た店主は軽快なステップで奥へ引っ込むと、むき出しのティッシュを二つ出して、

「これ、あげるから、ね、あげるから!」

礼を言って店を出る。店主の視線を感じながら、店の前でティッシュで鼻を押さた後、指で鼻を強くはさみ、ゆっくり120数える。

…止まった。

おもしろくもない。45歳の冬の夜。

[]