«前の日記(2011-03-07 [月]) 最新 次の日記(2011-03-11 [金])» 編集
RSS: href="http://endoh-namazu.tierra.ne.jp/diary/index.rdf"


半期 四半期 全カテゴリ

新・なまず日記


2011-03-09 [水]

_ [すてきな寡夫さん] こげちゃうこげちゃう

もう一品にあこがれる卵焼き

いつも肉焼いてお味噌汁つくって終わり、なんて暮らしなので、もう一品とか二品とか作れればいいなぁと思ってる。

和風万能ダレの味を調節したので、うまくいったかどうか検証してみようと、筑前煮をもう一度作ってみることにした。

筑前煮は煮汁がなくなるまで時間がかかる。その間、あと二品を作ってみよう!

卵焼き。やっぱり万能ダレをいれるので、黒っぽい関東風を。それからスーパーで買ってきたお魚の味醂漬けを焼いたらリッパだろ?

筑前煮の野菜をうでてお鍋が空いたら、それに水をいれて火にかけてお味噌汁の準備。野菜を胡麻油で煮て鶏肉の色が変わったら水と万能ダレ。落し蓋。あとは煮詰めるだけ

魚をグリルに入れて弱火でおいとく。

姉からもらった四角いお鍋で卵焼きにチャレンジ。試してガッテンという番組で紹介された「プロの技」とかいうのがネットにでてたので、そのやり方をまねてみる。まず強火で鍋を熱するのか…

あ、お味噌汁鍋がボコボコいってる。ホンダシ入れて…あ、卵焼き鍋、熱くなりすぎ?あわてて火を小さくして、万能だしを入れた溶き卵を投入、じゅぅ…やっぱり熱すぎたかな。3つに畳んでまた卵投入…あ、筑前煮がこげている。あわてて火を止める。あ、卵が焦げている、むひー。

いやまぁ、ちょっと焦げちゃったけど、おいしかったから成功だと思うんですよ。でも、同時進行でいくつもやってると、どうしても注意力が散漫になって、こげちゃうこがしちゃう。なにごとも修行ですな。

あ!お魚グリルに忘れてる!むひょー!

[]