最新 追記
RSS: href="http://endoh-namazu.tierra.ne.jp/diary/index.rdf"


半期 四半期 全カテゴリ

新・なまず日記


2010-09-10 [金]

_ [その他] 酒と薬物の夜



「アルコールによる睡眠は質が悪いですからね」
丸顔で眼鏡の精神科医が言う。つくづく、ガンジーに似てるよな、とオレは思う。

「お酒を飲むくらいなら、薬の方が、よほど質のよい睡眠が得られます。習慣性もありませんよ。じゃ、一月分くらい、出しときましょうか」

本物のガンジーは「無抵抗主義者」だったが、目の前の偽ガンジーは、徹底的な「対症療法主義者」だ。不眠の原因については、なにも聞かないし、興味もない。眠れないなら睡眠薬、不安なら抗不安剤、鬱なら抗うつ剤...

今回、オレは、「怒りで眠れない」と言った。すると、偽ガンジーは、抗癲癇薬を勧めた。オレはびっくりして、先生、あたしゃ、癲癇のケはありませんよ、と弁解した。しかし、癲癇発作防止の機序が、気持ちを落ち着けるんだそうだ。GABAという脳内物質の一つの出を良くして、「怒りがおさまる」んだと。

オレは抗癲癇薬を飲みながら、「感情」について考える。不安、気鬱、怒り...人間ならば誰もが持つ、高度な心のはたらき。
しかし、偽ガンジーによれば、「過剰」な感情は、「病的」ということになってしまう。
なるほど。ウオノメは皮膚の一部だが、歩行に困難をきたすようになれば、「病的」なものとして治療の対象となる。それはわかる。しかし、よく発達した足の小指を持つ女性が、無理にハイヒールを履くことで、小指にタコができて、それが痛む。それは、「過剰」で、「病的」なのだろうか?ハイヒールの方が「病的」な履物なんじゃないのか?
まして、感情のように、目で見えないものについて、「過剰」と「正常」の線引きなど、どこに存在する?オレの感情は、治療の対象となるほど、「病的」か?

「怒りで眠れない」と申告したのはオレだ。しかしオレは、自分の申告した自分の感情が「病的」と判断されて、とまどってしまう。「だって、眠れなくて困ってるんでしょう?」と偽ガンジーは言うだろう。だが、しかし。

やがてオレは、抗癲癇薬の「怒り止め」クスリを飲むことに「怒り」を覚えるようになった。「怒り」というよりは、「不条理」に近い感情だろうか。

「不条理」を感じて眠れないんですよ、と偽ガンジーに言ったら、「不条理止め」クスリが出てくるのかな?

オレはニヤリと笑った。笑いながら、「不条理止め」なら、昔っからコイツに決まってんだろ、と、一升瓶の栓を開ける。

純米吟醸のイイヤツで、偽ガンジーのくれた薬物を流し込む。抗癲癇薬だけは飲まないようにした。その代わりがアルコールなら、差し引きゼロだろう?と、酔った頭で、いい加減な算数をやる。

明かりを消した部屋で、おつまみの代わりの映画を見る。

でっかーどがれいちぇるにいった。せい、きすみー。

おやすみ...

2010-09-11 [土]

_ [その他] 拍子抜け



離婚届 なんとまぁ、あっけないものでありました。

離婚したくて、とにかく円満に別れられるようにと、そればかり考えてきた。
未来が恐ろしくて、眠れなくて、酒で睡眠薬を流し込んだ。
口で言うと角が立つかと思って、お手紙まで用意した。
家で話すとエスカレートするかと思い、ファミレスまで連れてきた。

ところが向こうは、ところが向こうは、公式な離婚届まで用意してたでござるよ。

まいった。こっちの完敗だ。いや、大勝利か?
不戦敗?不戦勝?

どっちでもいいや!とにかく、オレ、独身!

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ 遠藤なまず [おお、久しぶり。こんなヘボブログを読んでてくれてありがとう。 んで、引越しまで、まだ同じ家にいるけど、 今日..]

_ だんご [そーか。 次こっち来る時は時間作るね。]

_ とくべ [そっか、また、近いうちに飲もうぜ。]


2010-09-28 [火]

_ [その他] 市役所にて



”211ばん、の、ばんごうでおまちのかた、3ばん、まどぐち、まで、おいで、ください”

合成音声って、あんまり進化しないなあ。いや、ラブプラスのマナカちゃんの声は、もっとちゃんとしてたんじゃなかったっけか。
そうだ、一人暮らしを始めたら、ついでにニンテンドーディーエスを買って、カノジョを作ってみようか。
40過ぎの男ヤモメが、団地の一室で独り、ゲーム機に向かって、「好きだよ...」なんて言ってる図を想像して、頬がゆるむ。

「はい、戸籍謄本です。間違いないかどうかご確認ください」
「んー......俗に、バツイチって言うけど、バツ、ないね」
「え?ああ、昔はこういうのは全部紙でしたから、紙にバツつけてたんですけど、今はコンピュータですから。ほら、ここ」
「ああ、除籍済み、か。なるほど」

かつて女房だった人の名前の左に、四角で囲まれたマーク。特に感慨は浮かばない。それよりも、先日提出した届けがきちんと反映されていることに安堵した。仕事が確実に進んでいく安堵感。

安堵感が、オレの口を軽くする。

「あー、なるほどねェ...こんなの、やってみなくちゃわかんないもんだね」
「そりゃねえ、めったに見れるもんじゃないし」

市役所のおばちゃんも、軽口につきあってくれる。

「まぁ、でも、ホントは、やらなくてすむんなら、やるもんじゃないけどね、こんなこと、ヘヘヘ」
「そりゃァそうよねェ、ホホホ」

外に出たら、夕闇迫る空。胸に残るは...穴、かな。夫婦という硬くて大きな岩が、ゴロン、と抜けた。その後に残った、大きな穴。例えがわかりにくい?じゃあ、親知らずが抜けたあとの歯茎の穴でもいいや。

オレは、その穴の縁で、穴の底を眺めて、デッカイ穴だなぁ、と、ため息をついている。夕暮れが迫る空の下で、そんな気持ち。

歯茎の穴がそうであるように、この穴も、いつかは塞がってしまう。でも、もうちょっと、この穴を眺めていたい。そんな気持ち。

え?ラブプラス?
大丈夫。ゲームなんかじゃ、この穴、まるで埋まんないから。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ RIKI [色々お疲れ様です。その後大きな風が吹き抜けて行ったようです。 http://picasaweb.google.co..]

_ 遠藤なまず [あら、ま。 13号はなまず台風だったのか。 今日はどこにも行けないと思って、パンを買い込んだりしてたんですけ..]