最新 追記
RSS: href="http://endoh-namazu.tierra.ne.jp/diary/index.rdf"


半期 四半期 全カテゴリ

新・なまず日記


2010-08-07 [土]

_ [xfumble] Ubuntu10.04(X.Org 1.7)対応リリース



ここでグチを言いましたが、Ubuntu10.04に、なんとか対応できました。

多分、Ubuntu10.04から使うようになった、X.Org 1.7の仕様だと思うのです。
xfumbleでは、Ctrl-nというタイプを、矢印キー下向き(Down)に変えるために、Ctrlを、XTestエクステンションという機能を使って、「指で押してるのに」離したことにして、Downを出して、Downを出し終わったら、またCtrlを指で押していることにするために、XTestエクステンションを使います。

これまで、それでうまくいっていたのに、X.Org 1.7のXTestは、「指で押している」キーをXTestでいじったことを「覚えていて」、次にCtrlを「指で押してないのに」XTestで押したことにしようとしても、言うことを聞いてくれません。

何故だろう、と考えても詮ないことなので、Ctrlを指から離した瞬間に、CtrlをXTestで「押したことに」して、そしてすぐ「離したことにする」と、うまくいくようになりました。

ここで公開してますんで、Ubuntu10.04等、最新のディストリをお使いの方は、ダウンロードしてみてください。


2010-08-08 [日]

_ [音楽] みっくみくにされました



いまさら、何を言ってんだって話なんでしょうけど、
初音ミク、いいねぇ

初音ミク自体は、歌を唄うプログラム、人工音声なんだけど、キカイだから、人間には出せない唄えない、異常な高音や性格無比の発声ができる。そういうツールがあれば、作り手さんの創作意欲は、そりゃ高まるよな。

YouTubeにいくらでも転がっている初音ミクの唄は、そういう作り手さんの意欲を反映して、すごくクオリティが高い。一本みたら、おもしろくておもしろくて、やめどころがわからなくなるくらい。

正直言って、最初はキンキンした人工音声に、なかなか慣れなかったんだけど、何度も聞いているうちに、キャッチーなメロディや、かわいいPVのおかげで、だんだん、単なるボーカルツールに思えなくなってくるんだよな。

はい、オヤジキモい、と言ってください。ワタシ、初音ミクちゃんが、とてもカワイク思えてきました。
人工音声の子供っぽいラブソングが、とてもかわいらしく思える。これがつまり、みっくみくにされるって奴ですかね。

なんなんすかね。中年の親父が、繰り返し繰り返し、ミクの唄聞いちゃうわけですよ。特に、「メルト」や「ワールドイズマイン」なんて、今日一日で、何十回聞いたかわかんないや。おっかしいよなぁ。昨日までは、梶芽衣子姐さんの全曲集とか聞いて”修羅地獄ぅぅぅ〜”なんて唄ってたのに。

まぁ、梶芽衣子も初音ミクも、どっちにしたってキモいって言う人はキモいって言うんだから、言わせとけばいいんですけどね。

「メルト」の中でも、特にカワイクてオススメのPVがこちら。


歌詞が聞き取り辛い方は、歌詞付きのこっちなんかも、イイネェ。


2010-08-09 [月]

_ [その他] ピアス



彼女のピアスはいつも左耳だけ。
だからオレ、聞いたんだ昔。
「もう片方は、なくしちまったのかい?」
彼女は、少し間を開けて、言った。
「...ピアスしてます、って言うより、よく見たらしてる、ってくらいの、控えめなのがいいから...」
へぇ、ピアスしたから見て見てぇ、じゃないんだ。女の子ってのは不思議だな。


最近、また彼女に会ったんだ。
そこで、ひょんなことから、彼女が昔、訪問介護の仕事をしていたことを知った。

「訪問介護。いや、オレも、こないだ、ほんのちょっとだけ、そのマネゴトをやってね。いや、ありゃ、大変だよ。老人だって図体でかいとさ。下の世話なんてマジ大変!」
彼女は、自負するでもなく、淡々と言った。
「こっちが力を入れたら、ダメなんです。相手の力を使わないと...どんなに寝たきりの方でも、力があるんです」
「そういうコツは、訓練して身につけるのかい?」
「いいえ、だんだんに、わかってくるんです」
「...」

こんな話、しなきゃよかった、と、後悔した。このことは、個人的なことだから。でも、彼女は、その質問をするだろう。どうしよう?ごまかそうか?...ほら、来た。

「どなたの介護をなさったのですか?」
「......いや、その...父なんだけど...」
「まぁ...今も?」
「...いや...ついこないだ、逝った」
「...」

「でも、こんなこと言うのも失礼ですけど、家族の方に介護されて、お父さん幸せだったと思います...最近多いんです。訪問介護に任せたって思って、ご家族の方、誰もいらっしゃらないんです」
「...まぁ、介護っていっても、一日だけだけどね。すぐ亡くなったし。だけど、自宅で死に目に会えたのは、良かったと思う」

「...私、訪問介護に行ったら、その方、誰もいない家で、もう、亡くなられてたことがあります...」
「...」
「...私、そのときのこと、何度も夢で見て...」
「...」
「...だから、お父さん、幸せだったと思います」


オレは、すこしだけ、泣いたかもしれない。

照れ隠しに、腕時計を見せた。
「これ、父の形見」
「ああ!そういうの、大事ですよね!このピアスも、おばあちゃんの形見なんです...時々、指でさわるんです」
オレは、もう一度、似たような質問を、彼女にすることになった。
「おばあちゃんは、もう片方は、なくしちまったのかい?」
「いえ、姉妹で、分けたんです」

彼女の小さな嘘は、こうしてバレた。
オレは、そのことに、とても感謝している。


2010-08-20 [金]

_ [その他] ガラス工芸体験



xfumbleグラス お盆のお墓参りのついでに、夏のバカンスを楽しんできました。小学生の息子と姪っ子のため、なんていって、親が一番楽しんじゃうんだけどね。観光地にありがちな、体験工房ってやつに挑戦しました。

西伊豆の、黄金崎クリスタルパークってところ。

コップを選ぶ。好きな絵を樹脂で書く。樹脂を紫外線で固める。そこに砂を吹き付けると、樹脂がないところは磨りガラスになり、樹脂で保護したところは透明な絵が出る、という仕組み。簡単な割に仕上がりが立派で、おすすめよ。

なんの絵を書こう、と思ったんだけど、やっぱ、遠藤なまずだったらコレデショ、と、筆者開発中のソフトxfumbleのロゴマークを書いてみました。ヘタクソな絵だけど、どっから見たって、世界にひとつだけのコップでしょ?

ロゴの裏には、いつものおまじない、May the Make and the Hack be with me(MakeとHackが私とともにありますように)を書いた。やっぱり、いつまでも、なんか作ったり、調べたり、考えたり、していたいものですよね。

ついでに、Make love(おセックス)も、ワタシとともにあって欲しいんだけど、こっちはすっかり縁遠くなっちゃって...まぁ、でも、仕事とお酒とソフト開発と読書と映画とゲームとオナニーができるんだから、これ以上シヤワセを求めたら、バチがあたっちゃうかな。


2010-08-23 [月]

_ [音楽] What's Going On




What's Going On.

言わずとしれた、マーヴィン・ゲイの名曲。
オレ、この曲、好きでねぇ。

"Father, father
We don't need to escalate
War is not the answer
For only love can conquer hate
You know you've got to find a way
To bring some understanding yeah today

Aw, picket lines, picket signs
Don't punish me with brutality
Talk to me so you can see
Oh what's going on,
Tell me what's going on"


才能に満ち溢れていたのに、円満な家族関係には恵まれない人だった。
この曲を書いた十数年後、彼は、父親と口論し、父親に、射殺される。

家族は取り替えることができない、この世で一つの、かけがいのないもの。
だからこそ、この世で一番、残酷なもの(になることもある)。


Oh what's going on,

なにがどうなってんの?
教えてよ。
どーなってんの?












ホントに、ホントに、どーなってんの?


本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ とくべ [赤福食いたかったぜ。]

_ 遠藤なまず [すまねぇ〜 網棚じゃなかったんだが、やっぱり忘れちまった! ]

_ アナゴ [ この作品は最高です。ホントに、教えてくれて感謝です。知らなかった歌の世界。歌詞とは?メロディーとは?音楽とは?既成..]