最新 追記
RSS: href="http://endoh-namazu.tierra.ne.jp/diary/index.rdf"


半期 四半期 全カテゴリ

新・なまず日記


2010-07-01 [木]

_ [日本酒] 秋鹿 純米吟醸 槽搾直汲




秋鹿純米吟醸無ろ過生 例えば、例えばだよ。

例えば、あなたが、初めて男(女でも可)とつきあったとする。

その男(女でも可)はテレビにもよく出てるし、有名で、いかにも良く見えたわけだ。
ところが、何だって、つきあって見なきゃわからないことは沢山ある。
見た目とは裏腹に、実はヒドく性格の悪い奴で、ヒドい目にあわされたとしようじゃないか。

すると、あなたは、こう思うわけだ。

男(女でも可)なんて、もうコリゴリだ、と

しかし、それは愚かな考えというものだろう?
その、テレビによく出てる奴が最悪だったってだけの話。
もっとよく探せば、最高の出会いがあなたを待っているのかも。


なんの話だって?日本酒の話なんだよ

テレビに出てる(テレビCMを打ってる)日本酒というのは、たいてい、本当にヒドい。
ヒドいんだが、テレビCMを見た後にスーパーに行けば、普通に、それが置いてある。
あ、テレビでやってたアレか、と思い、買ってきて、飲んでみて、あなたは、こう思うわけだ。

日本酒なんて、もうコリゴリだ、と


もうずっと長い間、日本酒は、サイアクなものが最も売れるという、恐ろしい状況に陥っている。あなたが日本酒嫌いになるのも無理はない。

しかし、探せばイイ男(女でも可)は絶対に見つかる。

あなたの初めて男、おっと、日本酒が、秋鹿酒造さんのものであったならば、あなたはきっと、日本酒ってなんて素晴らしいんだろうと思うことだろう。
特に、この、無ろ過にして火入れ(パスツール殺菌)なしのホンモノの生酒「純米吟醸 槽搾直汲」だったならば。

私は何人もの会社の同僚、特に「日本酒はコリゴリ」と言う連中に、コイツを飲ませてきた。飲むと、誰もが言う。え!?これが日本酒!?と。


まず、開栓の瞬間から胸踊るはずだ。本物の生酒ゆえに、酵母が活発に活動しており、瓶の中は炭酸ガスでパンパンだ。親指で栓をジリジリと持ち上げると、ポンとハデな音がして栓が宙を飛ぶ。まるでシャンパンではないか。

口に持っていけば、果実のような芳醇な香りが鼻をくすぐる。しかし、鼻につくほどきつくは香らない。さぁ一口飲んでみてくれ。爽やかな酸味と舌をくすぐる炭酸のチリチリとが、上品な芳香とあいまって、なんとも言えない爽やかさをもたらしてくれるはずだ。まるでなにかのジュースを飲んでいるような気分。しかし、なんの果物のジュースに似ている、などとは、決して言うことができないだろう。存在しない果物のジュース。想像上の、想像しうるもっとも清らかな果物のジュース。例えば、桃源郷で育てているという不老不死の果物、仙桃のジュース。言い過ぎだって?冗談じゃない。オレはお酒の話をしているんだぜ?多少の誇張は胡蝶の夢と思ってもらわなきゃ、いい酔い心地にはなれないぜ。

しばし、舌の上で転がす。酸味の裏に、甘味や旨味が隠れていることがわかるだろう。たまらず飲み下すと、口から鼻へ、素晴らしい香りが流れると同時に、わずかな渋みを舌の 奥に残す。しばし陶然となるうちに、その余韻も儚く消える。次の瞬間、あなたもこう言うはずだ。え!?これが日本酒!?と。


華やかで、爽やかで、しかし決して軽薄ではない。まるで日本酒の良心のような一本。ホンモノの生ゆえに、季節的に既に入手は困難だと思う。もしこの駄文がアナタの心に残ってくれたならば、来年の1月になったら、探してみて欲しい。
見かけだけの最悪の男、おっと日本酒、に傷ついたアナタの心を癒してくれるに違いないのだから。そして次の恋、じゃなくって次の日本酒を探しにいく勇気を与えてくれるに十分な働きをしてくれることだろう。

2010-07-03 [土]

_ [ハード] IS01予約してきた




IS01のカタログ(実物大) こんなマニアックなスマートフォン、誰も欲しがらない、と思っていたのに...

auショップに出かけて「IS01クダサイ」と言ったら、「どこの店にもありません」だって。しかたがないから、予約だけしました。

へぇ。結構、キーボード派の人、いるってことなんだろうか?
それとも、auさんが、「まぁそんなに売れないだろうから、出荷もほどほどに...」なんて考えていたよりも、多少需要が多かった、というだけの話なんだろうか。

次回入荷はいつかわからないけれど、一月待ち、なんてことはない、と言っていたから、多分後者なんだろうとは思うけれども。


入手しましたら、またご報告します。


2010-07-07 [水]

_ [その他] 教育と勉強と - 七夕の夜に




なんだよ、今日は七夕か。すっかり忘れてたな。


彦星はわし座のアルタイル、織姫はこと座のベガ。良く知ってるでしょ?子供に教えてもらったんだ。

息子は小学4年生なんだけど、中学受験だとかで、塾に行って勉強している。宿題が沢山出て、息子は泣きながらやってるんだけど、中身は結構おもしろいんだよ。いろんなことを教えてもらった。白い星より、青い星の方が、表面温度が高いんだって。知ってた?

もちろん、親父をおもしろがらせるために息子は勉強してるんじゃなくて、一応、いい中学に入るために勉強してるんだよな。

だけど、いい中学って、なんのことだい?

そんで、さっき、女房に、そろそろ進路を決めないとと言われた。なんだか、カンカンドウリツがどうした、とか言ってたんだけど、なんだかよくわからない。


勉強はおもしろいと思うけれど、勉強するってことが、教育機関を選ぶこととか、進路(概念的には"人生"の部分集合?)を決めるとか、そういうことと関係してくるなんて言われると、なんだか、急に霧が出てきて視界が見えなくなるような、あやふやな気分になってくる。


ワタシは、大学付属の、立派な(金がかかる)私立高校に入学し、立派な(金がかかる)私立大学に無試験で入学させてもらった。留年はしなかったけれど、その高校や大学で教育を受けたことは、すべて忘れてしまった。お父さんお母さん、どうもすみません。


でも、勉強は好きなんだ。今でも。


授業にはまったくついていけない落ちこぼれになったけれど、独学でコンピュータを学んだ。本も沢山読んだ。今もおんなじなんだ。

ワタシは、息子が言う、「青い色の星は熱いねんで」というのが、「黒体放射」をモデルにしている理屈なんだろうなぁということを知ってる。理想的な黒体ならば温度だけで色が決まるから。でもって理想的な黒体の代わりに空洞放射ってので実験して、それが量子理論の始まり、なんて話を知ってる。光の周波数が飛び飛びの値をとるってことにしないと、空洞放射の光の周波数分布が、実験値と理論値が一致しなかったんだってね。温度ってアナログに値が変化するように見える。でも出てくる結果は飛び飛び。階段状。一つ二つ三つと数えられる、なんらかの「粒」をつかった仮説→量子。

そんな話、多分、大学で習ったはずなんだけれど、それはもう、全部忘れてしまった。どうしてあのころ、あんなに授業がつまらなかったんだろう?テストに出るから。単位がもらえるから。そんなこと言われると、つまらなくなる悪い性格。

空洞放射は、ヒッポファミリークラブの「量子力学の冒険」という本で読んだ。多分、会社に入ってから。そんな本を読んだって、なんの役にも立たない。理由もない。意味もない。だから読みたくなる。悪い性格。


ワタシ、勉強することに、意味とか、理由とか、そういうのを求めるのは、ピュアな紳士のすることじゃないと思う。
(※"ピュアな紳士"ってフレーズはドリームクラブというキャバクラゲームから拝借しました)

意味とか、理由とかじゃなくて、ヤリタイからヤルんだろ?だってそうだろ?諸兄だって、おいしいものを食べたいって気持ちに、意味とか理由とかある?いい女の子とヤリタイとか...それの意味って考える?ヤリタイからヤルんだろ?

同じだろ?知りたいから勉強するんだよ。知ってどうする、なんて考えるのは野暮のやること。そんなこと考えているうちに、人生終わっちまうぜ。もったいないじゃん。ウマイもん食べて、いいオンナとヤって、知りたいこと知って。ソウシタイからソウスルだけだろ?それに「意味」なんて求めてどうすんの?

そもそも、人生に意味なんてあるのかね?これ読んでるアンタ、アンタは、アンタが生きてる「意味」って、即答できる?...できる。ほー、そいつは良かったな。

アタシにはアタシがなんで生きてるのか、サッパリ分からないねぇ。ただ、生きているアタシの肉体は生きようとするし、それを無理に押しとどめようとするのも、これまた「意味」も「目的」もないだろう。
意味は分からねぇが、なぜか生きようとするこの肉体。この肉体は、意味もなくウマイものを食べたがるし、意味もなく女の子とヤリたくなるし、意味もなく知りたくなるし、意味もなく「意味」について考えたがる。それが満たされると、この肉体は、「幸せ」を感じやがる。「幸せ」を求める気持ちに、「意味」や「理由」や「目的」は必要?アンタ、意味もなく「幸せ」を求めちゃいけないと思う?...思わない。そうか。それだったら、意味もなく勉強するアタシの気持ちが分かるだろ?それが「幸せ」だからだよ。意味なんてないんだよ。


だからアタシ、「教育」ってのに懐疑的でさ。勉強したい気持ちに、「教育」って必要なのかな?「教育」ってことと「勉強」とは、まるで別の話のような...

あぁ、そうか。ピュアな、つまり意味のない、「勉強」をすると、「幸せ」を感じるんだぜ、ってことだけは、息子に教えたいと思うな。教えたいから教える。つまり、これが教育って奴か。なるほど。それは分かる。

でも、”「幸せ」になるためにはイイ教育を受けられるイイ大学を卒業しなくちゃいけなくて、だから今「勉強」しなくちゃいけなくて、だからカンカンドーリツがどうしたこうした”.....ごめん、やっぱオイラ、サッパリワカンネェ〜。


本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ 遠藤アナゴ [アナゴも立派な(金のかかる)大学を卒業してしばらくして、やっと知りたいから勉強することの幸せを体験しました。そして、..]

_ 遠藤なまず [やぁ姉さん。コメントありがとう。 そうだよな。このエントリを書いたときは、まだ父は生きてたんだよな。 逝ったのは..]


2010-07-25 [日]

_ [xfumble] Ubuntu10.04での不具合




チ、またかよ...と少しうんざりです。

Ubuntu10.04上で、xfumbleを動かすと、どうも動作がおかしいのです。

全然ダメ、というわけではありませんが、ある修飾キーを伴うキー入力を、別の修飾キーを伴うキー入力に切り替える、なんてのが、うまくいかない。

例えば、Alt-fを押したら、アプリにはCtrl-Tabが送信される、なんての。

アタシはこのキーバインドをFirefoxのタブ移動に使っていて、非常に便利だったのに、Ubuntu10.04では、うまく動かない。

内部的には、Alt-fのタイプをxfumbleが横取りした後、XTestというX Windowの機能を使って、Altを「離したことにして」、次にCtrlを「押したことにして」、あとはTabを「押したことに」して、FirefoxにCtrl-Tabが届くようにしていたんだけど。

Ubuntu10.04では、Altは「離したことに」なるのだが、Ctrlが「押したことに」ならない。単なるTabキーの入力になるだけ。

Ubuntu10.04のX.Orgは1.7.6、前のバージョンのUbuntu9.10のX.Orgは1.6.4。多分、1.6から1.7に変わるとき、XTestの細かい部分に、また仕様変更が起こったんじゃないかと思うのだけれど。

うん、XTestがなくなっちゃった、とか、そういうことじゃないから、まだ、なんとかなると思うんだ。また、細かく調べて対応すれば、きっとうまくいく、と、信じている。でも、まるでトブさらいのような仕事だなぁ。もっとカッチョイイ、クリエーチブな仕事したいなぁ。

ま、しかし、ドブさらいの数が、いわゆる安定度、実用度の向上になると信じて、がんばりますです。


2010-07-28 [水]

_ [その他] 上海のお土産

パンダちゃんチョコ

会社のボスが、上海土産を買ってきてくれました。

パンダちゃんの箱ですが、中身は普通のチョコレートです。

Chinaって書いてありますが、オーストラリア製品です。

そんなもんでいいんですよ、オミヤゲなんて。

チョコ、おいしかったしね。