«前の日記(2008-06-11 [水]) 最新 次の日記(2008-06-13 [金])» 編集
RSS: href="http://endoh-namazu.tierra.ne.jp/diary/index.rdf"


半期 四半期 全カテゴリ

新・なまず日記


2008-06-12 [木]

_ [その他] バチあたりカップルは天国に行けるか



マジメなんだかフマジメなんだかわからないイタリヤのカップルさん、懺悔部屋でヤッちゃいました。


教会の告解室で性交渉したイタリアのカップル、司祭に許される - ロイター 世界のこぼれ話


「カップルの弁護人によると、2人は行為に及ぶ前に一晩中酒を飲んでおり、行き過ぎてしまったと説明」


よくわかんないのは、酔っ払ってるんだったら、朝の礼拝なんかに来なきゃいいじゃない、って、ことなんですけどね。

朝のお勤めにキチンと参加するってことは、やっぱりマジメなカソリック信者の方なのかな。

でもやっぱりモヨモヨしてきて、バチあたりにも懺悔部屋でイッパツ、って、だからさ、そーゆーことは、ラブホにでも行ってやれよ。早朝割引もあるんだしさ。

あぁ?イタリヤにはラブホはないのか?それじゃぁしょうがないなぁ。って、しょうがないのか?


日本で言えば、お寺の本堂で、阿弥陀三尊に見られながらヤルって感じ?あるいは、水子地蔵に囲まれながらヤルとか...

「あぁ、それはそれで結構燃えるかもしんないな。」って、おまえら全員地獄行きだよ!


最後に、オレが昔つくった回文で締めるぜ!

イタリヤ、そこでこそ、ヤリタイ

お後がよろしいようで...
本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]
_ 遠藤アナゴ (2009-06-15 [月] 12:57)

1年前の話にツッコミして反応してもらえるのかわからんが。 <br>お姉さんも回文作ってみた。東南アジア編。 <br> <br> タイだ! ママ抱いた! <br> ベトナム! もう揉むな、飛べ!  <br> <br>意味があるんだか無いんだか、このユルさが味。 <br> 

_ 遠藤なまず (2009-06-15 [月] 20:59)

「もう揉むな、飛べ!」ってところにドラマを感じるねぇ <br>村上春樹のようだねぇ(笑) <br> <br>「一年間何をしてたの?」と彼女は僕に訊ねた。 <br>「いろいろさ」と僕は言った。 <br>「少しは賢くなったの?」 <br>「少しはね」 <br>そしてその夜、僕は初めて彼女と寝た。そして言った。 <br>「もう揉むな、飛べ」 <br> <br>「羊をめぐる冒険」って、確かこんな話だったよな(笑)

_ 遠藤アナゴ (2009-06-17 [水] 13:07)

「どこに飛ぶの?」背中を向けたままで彼女は聞いた。 <br>「揉んだり揉まれたりする必要のない国へ」 <br>「それが1年間の答えってこと?」 <br>「そうかもしれない。揉まれあうことに執着していた昔の僕には <br>見えなかった場所だった」 <br>彼女の大きな瞳が寝返って、僕の目の前にあった。 <br>「じゃあ私には見えない場所?」 <br>「たぶん」 <br>期待と不安の表情で、彼女は僕をじっと見ていた。伝えても共有できないことは、伝えるべきじゃない。僕は心の中でそっとつぶやいた。 <br>「ベトナム。もう揉むな、飛べ」 <br> <br> <br> <br> <br>

_ 遠藤なまず (2009-06-17 [水] 20:44)

ギャハハ、姉さん、うまい、うますぎる! <br> <br>だって、オイラ、「一年間何をしてたの」のくだりは、完全に、オリジナルの「羊...」から抜いたんだぜ。最後の1行を除いて。 <br> <br>それが、ちゃんとハルキっぽくつながってるもんな。たいしたもんだよ。 <br>「じゃぁ私には見えない場所?」 <br>「たぶん」 <br>なんてあたり、もろハルキ(笑) <br>つーか、ハルキって、誰でも書けるってこと!? <br> <br>...おっとっと、あんまりハデにやると、いわゆる「ハルキスト」の方々に怒られそうだなぁ。 <br>エロ回文でブログ炎上なんて、あんまりにも、マヌケすぎる! <br>フォローしなくちゃ! <br> <br>...エート、ハルキストのみなさん、いやあの、村上春樹、日本を代表する素晴らしい作家さんだと思いますよ。ええ。でも、エート、オイラは頭悪くて、ドコがイイかわかんないんだけど...「ノルエーの森」も読んだんだけど、エロシーンが沢山出てきて、チンポは立ったんだけど、他は特に...エー、それは一重に、オイラの頭の悪さのせいだと思います。どーもすみません。

_ 遠藤アナゴ (2009-06-18 [木] 13:31)

アナゴはハルキストでは全然なく、まともに読んだのはノルエーだけなんで恐縮だが、春樹さんの話やコメントには感心した記憶がある。ノーベル文学賞のときのスピーチや、なぜ本を読むことがいいのか、論理的で明快な主張を感じたという印象をもっている。小説になるとダメなんだなこれが。文体が洗練されすぎて、すぐにお腹がいっぱいになってしまう。毎日フランス料理くった消化不良というか。素材の持ち味がわかんないというか。でもハルキストにはそれが独特の「空気感」なんだそうだぞ。アナゴは清張先生のサバ煮定食が好きだけどね。あ、清張ファンに怒られるか。

[]