«前の日記(2006-06-27 [火]) 最新 次の日記(2006-08-01 [火])» 編集
RSS: href="http://endoh-namazu.tierra.ne.jp/diary/index.rdf"


半期 四半期 全カテゴリ

新・なまず日記


2006-06-29 [木]

_ [ハード][クリエUX50]SONY クリエ PEG-UX50

ところで俺のPDAを見てくれ。こいつをどう思う?*1
UX50

この使い込んでこぎたないPDAこそ、なまずが愛してやまない大事な相棒、SONY クリエ PEG-UX50です。起きているときにポケットに入っているのはもちろん、寝るときも常に枕元に置き、なまずの体から1m以上離れるのはお風呂の時しかないんですよ。PalmOS 5搭載のPDAデバイスです。

「いまさらPalmかよ!」と、モバイルファンの方はお思いになることでしょう。Palmに代表される携帯端末、いわゆるPDAは、携帯電話の高機能化に押され、一時はほとんど市場がなくなりました。最近は携帯電話と融合して、いわゆるスマートフォンとして、復活の兆しを見せておりますが、PalmOSという規格、およびその搭載デバイスは、完全に時代に取り残された、衰退の一途を辿っている、といっても過言ではないでしょう。Palmデバイスの世界最大の牽引役だったSONYはとうの昔にPDAから撤退、UX50もすでに生産終了であります。現在大ブームのW-ZERO3の記事を書くならともかく、いまさらPalmデバイスの記事では、遅きに失した感もひとしおです。

しかし、なまずとしては、このUX50が、今、まさに旬なのです。UX50を買って2年を過ぎて、ようやく、信頼のおける相棒になった、という感じです。最初の一年は、よくわかってなかった。毎日持ち歩いてはいたけど、使い込んでいたとは言い難かった。過剰な期待をして、それが裏切られてがっかり、なんてことを繰り返して。一年たって、やっと、本当の良さがわかってきて、それを極限まで延ばそう、という気になりました。それからはもう、カスタマイズを徹底的にやりました。標準アプリはもうほとんど使ってないし、キー配置まで変えました。そうやって初めて、なまずとUX50は堅いキヅナで結ばれることになったのです。

UX50の本当の良さとはなにか。なんのヒネリもありませんが、それは、 小さい、ということです。「マトモに打てるキーボードがついていて、ネット通信機能もついていて、ここまで小さい」ということに尽きます。UX50発売当時のライバル機としてはザウルスのSL-C700がありましたが、標準でも、ほんのちょっとだけSL-C700の方が大きく(厚さ18.6mm,UX50は17.9mm)、また、SL-C700は、ネット機能を拡張カードで付けてしまうと、その部分が大きくでっぱってしまうのでした。その後、ザウルスは、ハードディスク搭載を押し進め、その分、分厚く、重い方向に走ってしまうのでした。また、最近話題沸騰のW-ZERO3は、機能的にはきわめて魅力的ですが、ちょっと厚みがありすぎ(26mm)、また、ちょっと重すぎる(220g,UX50は175g)と思うのです。

お金がないので、どうせ新しいデバイスは買えないのですが、お金があったとしても、なまずは、ザウルスも、W-ZERO3も、買わないでしょう。負け惜しみじゃなくて、UX50の「小さい」という「機能」は、なまずにとって、なにものにも代え難く、その意味で、発売から2年たった今でも、UX50ほど、魅力を感じるデバイスはないのです。

結局、なまずがPDAに求めるのは、「紙のメモ帳の代わり」だったんですよ。思いついたときに、とっさにメモを取って、またポケットにしまう。とにかく、そういうことがやりたいんです。思いつくことってのは色々で、例えば、誰かに電話しなきゃとか、これ買って帰らなきゃとか、x月x日の予定とか、などの細かい話から、今度の「なまず日記」のネタだとか、スクリプト開発のアイデアとか、あるいは「なまず日記」の文章そのものなどもあります。そのためにキーボードが必須だし、そのために、小さくていつでも持ち歩けないと困るのです。逆に、大きな液晶とか、動画再生機能などは、別になくてもいいのです。

ホントになまずは、UX50でよく文章打ちますよ。自慢じゃないけど、入力速いよぉ。いつでもポケットに入れておいて、隙があったら取り出して、文章を打つ!トイレの中とか、子供が公園で滑り台で遊んでいる間とか、電車の中とか。3分でも5分でも、ちょっとでも時間があったら文章を書きます。実は、「なまず日記」のほとんどの文章は、UX50で下書きを書いたものです*2。パソコンでは、HTMLのタグ打ちやリンクはり程度しか行いません。だって、時間がもったいないじゃん!まったく、なまず日記が続けられているのは、UX50のおかげのようなものですよ。

あと、会社で会議の議事録を取るときも、最近ではほとんどUX50です。そりゃノートパソコンを持っていってそれで書いたほうが速いのですが、自分のノーパソを資料のプロジェクタ表示に使ってしまったり、机がなくてノーパソを使えないようなときは、UX50の出番。これで十分実用に耐えます。大量の文章入力に、UX50のキーボードは、しっかりと答えてくれます。

そう、キーボード。大事なのは、キーボード。キーボードがついていて、UX50よりも小さいPDAは確かにあります。Treoとか。でも、あまりにキーが小さすぎて、隣あったキーを両方の親指で押すときに、指同士がぶつかってしまうのでは、気持ちの良い入力はできません。かといって、キーボードが大きければよいというものでもありません。この手のPDAでの入力は、親指2本打ちにならざるを得ません。つまり、10本指入力と比べて、両方の親指の首尾範囲が広いのです。キーボードが大きいと、親指の移動距離が増えてしまい、これはこれで高速入力ができなくなってしまうという弊害を生みます。ですから、指同士がぶつからない、ぎりぎりの大きさを確保する、ということが重要になるわけで、この点において、UX50はかなりイイ線をいっていると思うのです。

それから大事なのは、いつでもどこでもポケットに入れておけるということ。そのためには、UX50が、 クラムシェルタイプ(clamshell=ハマグリの殻のように、裏側が液晶になっている開け閉めする蓋が付いているタイプ)であるというのが非常に好ましいのです。例えばW-ZERO3は液晶がむき出しなので、どうしても、ポケットに入れているとき、液晶に傷がつくんじゃないかと気になってしまうんじゃないかと思います。傷ぐらいならまだいいですが、転んだり、どっかにぶつけたりして液晶が割れてしまったら、元も子もありません。事実、なまずの周りのW-ZERO3ユーザは、皆、大事そうにW-ZERO3をカバンに入れています。しかし、かばんにしまったり、保護ケースなどに入れてしまったら、「思いついたときにすぐ使える」というPDAとしての特性が、大きく損なわれてしまうではないですか。クラムシェルタイプなら、パタンとフタをしめてポケットに放り込めば、後は子供とボール遊びをしようが鬼ごっこをしようが、液晶が壊れることなどを気にしなくて良いのです。実際、購入してから2年間、毎日ポケットに入れて持ち歩いたし、また何度も床におっことして冷や汗をかいたりもしましたが、壊れることはありませんでした*3。UX50は意外に丈夫なのです。だからこそ、常にポケットにUX50が入っているということが実現できるのです。

どうです?なまずがUX50にホレている理由、おわかりいただけました?
だけど、ここまで来るのは、ホントに大変だったんですよ。UX50の「小さい」ということは本当に良いところなのですが、では、UX50のダメなところといったら?
ダメなところは、良いところ以外、全部!といったら、言い過ぎですかね。でも、本当に、どこそこダメダメです。一番ダメなのは、キーボード!...おいおい、言ってることが違うじゃん、とお思いでしょうが、さっきのはキーの大きさや配置の話。これはイイんです。ダメなのは、キータッチ。クリック感は確かにあるのですが、かなりバネが固く、パキペキといった感じで、指に負担がかかります。指の関節が腱鞘炎になるような感じ。また、デザイン性を優先させたのか、キーがまったく出っ張っていません。確かに格好はいいのですが、キーを押すと、キーの穴に指がめり込む形となり、穴のふちに指がこすれてヒリヒリします。もう最悪です。

その他、立派なキーボードが付いているのにも関わらず、アプリからそれが十分に利用できない、とか、クレードルでHotSyncができない、とか、電池の持ちが悪い、とか、 マニュアルに嘘が書いてある、とか、とにかくどこそこダメダメです。でも、衰退しかかっているとはいえ、そこは一時は一世を風靡したPalm機です。シェアウエア、フリーウエアを導入することで、多少なりとも、ダメさを軽減することができます。また、キータッチの悪さは、シールを貼ることによって改善できます。なまずは少しずつカスタマイズを繰り返し、ようやく、かなり使えるマシンへと仕上げることができました。ここまで来るのに、本当に沢山のパームウエア作者さんや、情報サイトさんのお世話になりました。海よりも深い感謝を捧げます。

今後、折をみては、なまずがどのようにUX50をカスタマイズしてきたか、紹介していこうと思います。いまさらPalm PDAの記事なんて、みなさん興味ないですかね。でも、ネットには、いまだに、UX50が好きでガンバっている方が、少なからずおられるようです。なまずがためこんだノウハウも、ささやかながらでも、ほかの方の役に立つかもしれません。 そういうことで、ボチボチ、UX50関連の記事を、書いていこうと思います。よろしくお願いします。




*1 いうまでもないけど、ヤマジュン先生の「くそみそテクニック」のパロディ(こちらで"ところで俺の"で検索)。一度これ使ってみたかったんだよね。
*2 もちろん、この記事も。この記事は子供がマクドナルドの遊具で遊んでいるときに書いたもの。
*3 自分で内蔵電池を交換したときに、中のスピーカーケーブルを引きちぎった(泣!)以外は、一切故障なし。
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ Drekhqat (2010-02-26 [金] 06:26)

2oXuaG この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra viagra, >:-DDD,

_ viagra (2010-03-08 [月] 11:06)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra viagra 8-OOO

[]