«前の日記(2005-10-18 [火]) 最新 次の日記(2005-11-01 [火])» 編集
RSS: href="http://endoh-namazu.tierra.ne.jp/diary/index.rdf"


半期 四半期 全カテゴリ

新・なまず日記


2005-10-31 [月]

_ [デスクトップ][カスタマイズ][ソフト]ArtTips

Windosのデスクトップでは、ほとんどの操作が「スタート」ボタンに集約されています。「”スタート”を押したらいきなり”終了”が出てくる。わかりにくい」という批判はあるにせよ、とりあえずそこを押したらなんでもできるというのは、習得が容易であるという点で、なかなか評価できる考え方なのではないでしょうか。

しかし、使っている内に、不満も出てくるわけです。特にアプリを起動するときです。スタート→プログラムとたどると、インストールしたアプリがずらりと出てきて、そこから所望のアプリを選ぶのが一苦労です。

もちろん、Windowsではショートカットアイコンが作れますから、よく使うアプリは、ショートカットをデスクトップに作っておき、それをダブルクリックして起動すれば、手早く起動できるようになります。なまずも、最初のうちは、しきりにショートカットを作っていました。しかし、調子にのってアイコンを作っている内に、デスクトップがアイコンだらけになってしまいました。見た目もカッコ悪いし、アイコンをダブルクリックするためにウインドウをどかさなくてはいけないハメになり、うんざりしてしまいます。

「所望のアプリやフォルダにすぐアクセスしたい」という課題を解決するアプリとして、いわゆる「ランチャ」というアプリのジャンルがあります。それこそ、星の数ほどのフリーソフトが存在するのですが、なまずは、SahmaroさんのArtTipsを愛用しているので、ここで紹介したいと思います。

ArtTipsはポップアップメニュー型のランチャです。右ダブルクリックなどの特殊なマウス操作や、ホットキーによって、下の画像のようなメニューを出して、起動したいアプリやアクセスしたいフォルダを指定します。
ArtTips
設定にもよりますが、マウスカーソルの位置によらず、つまりマウスカーソルをうごかすことなく、即メニューを出せるので、そのとき実施している作業を妨げることなく、手早く所望のアプリを起動することが出来ます。

アプリは、階層化して登録することができます。例えばファイル操作関係のアプリとか、動画編集のためのアプリなどを、ファイルフォルダや動画フォルダの下にまとめることができます。これにより、所望のアプリを見つけるのがすごく楽になり、簡単に希望のアプリを起動できるようになります。

また、ArtTipsの機能はランチャだけではありません。クリップボード拡張や文字列整形、スクリーンキャプチャやパスワード管理等々、非常に多機能です。まさにデスクトップのかゆいところに手が届く、といった感じです。これ一つ入れておけば、デスクトップの問題の多くの部分を解決してくれることでしょう。

しかし、なまずがここで強調したいのは、それらの機能が、かなりカスタマイズが可能であるという点です。ArtTipsのすべての機能はポップアップメニューに集約されますが、そもそも、そのポップアップメニューの出し方一つとっても、ホットキーやマウスボタンの押し方等、様々にカスタマイズ可能です。さらに、機能のそれぞれについて、表示、非表示が選択できます。必要のない機能は目に触れないようにもできるわけです。さらに、メニュー項目の文字列もすべて変更可能です。文字列は"&Menu"などのように、&の次の文字を、ショートカットキーとして定義できます。つまり、必要な機能を選び、自分好みのショトカットキーを定義して、それに指が慣れてしまえば、無意識のうちにアプリや機能を呼び出すことができるようになるわけです。まさに手に馴染む感覚。キーボード派にはたまらない一本です。さらに、ポップアップメニューは、ウィンドウにフォーカスが当たっているとき(ウインドウ上で右ダブルクリック等でArtTipsを呼び出し)と、フォーカスが当たっていないとき(デスクトップ上で右ダブルクリック等で呼び出し)とで、別々のポップアップメニューを定義することもできます。たとえば、デスクトップからArtTipsを呼び出したときは文字列整形機能は非表示に、などのカスタマイズができるというわけです。まさにいたれりつくせりの素晴らしいアプリです。

作者のSahmaroさんがとても熱心で気さくな方だという点も、強調しておきたいと思います。例えば、ArtTipsの「アプリケーションの登録」パネルの下から二番目の、「Ctrl Keyを押しながらメニュー実行時にダイアログを表示し....」のチェックボックスは、なまずがSahmaroさんにお願いしてつけてもらったものです。オプション「アプリの起動をCtrl-mでやりたい」というなまずの個人的なワガママを、Sahmaroさんは気安く聞いてくれて、2、3日であっと言う間に対応していただきました。感謝に耐えません。今でも、本家の掲示板で、沢山の質問と要望にまめに対応されておられます。まったく頭が下がります。

このArtTipsのおかげで、なまずはめったにWindowsの「スタート」を押すことがなくなりました。さらに、デスクトップには、ショートカットアイコンを一つも置かないようになりました。かわりに子供の写真を壁紙にして悦に入っています。皆さんも是非一度、ArtTipsをお試しください。

[]