«前の日記(2005-04-09 [土]) 最新 次の日記(2005-04-11 [月])» 編集
RSS: href="http://endoh-namazu.tierra.ne.jp/diary/index.rdf"


半期 四半期 全カテゴリ

新・なまず日記


2005-04-10 [日]

_ [映画] 少林サッカー



チャウ・シンチー
2001年
香港

かつて、「黄金右脚」といわれたサッカー選手のファンは、仲間の裏切りにより足を折られてしまい、いまではすっかり落ちぶれていた。そんなとき、偶然出会った少林拳の達人、シン(チャウ・シンチー)と知り合い、その驚くべき脚力に魅了され、再びサッカーチームを組むことを思いつく。少林拳のすばらしさを広めるのにいい機会だと、シンもその気になり、かつての同門の兄弟達に声をかけ、サッカーチームをつくるのだが...というお話。

(ネタバレ防止のための改行)






































































なまずの評価 88点

すばらしいアクション、恋あり、笑いあり、爆笑間違いなし。ムイちゃん萌えです!

おちこぼれ監督が、はみ出し野郎たちをあつめてチームをつくり、仇敵に立ち向かっていくという、いわゆる「スポ根もの」。かつてのスポ根ドラマでやっていたような、背景に炎が出たり、虎や龍があらわれたり、ボールを蹴ったら壁にめり込んだり、といった演出を、CGでバカ正直に再現してます。つまり、スポ根のパロディーなんですが、対象をバカにする、卑下するパロディーではなく、むしろ尊敬、リスペクトする笑いになっていることが、気持ちがいいですね。

ストーリーも、これ以上ないくらい、オーソドックス。かつての少林拳を学んだ兄弟達は、今では達人としての誇りも忘れ、日常の中で埋没している。あるものは皿洗いに、あるものは実業家に、あるものは100貫デブに。変わり果てたカンフーマスターたちは、非道なチームとの練習試合で、ルール無視の暴力を受ける。ここの描写は、本当に情け容赦がない。なすすべもなく、殴る蹴るの暴行を受ける少林チーム。許してください、とこいねがう兄弟に、オレのパンツを頭にかぶれ、とせまる相手チーム。プライドがズタズタに引き裂かれて、もはやこれまで、となった瞬間、突然、ホント、突然、 少林拳の奇跡の技が不死鳥のように甦る! どうして甦ったかは詳しい理由はない。いーじゃない、そんなこと!超人的な活躍により外道チームに圧勝!このカタルシス、理屈じゃなくおもしろいです。

当然ながら、ロマンスもあります。ヒロインは、饅頭屋の店員にして、太極拳の達人の、ムイちゃん。同じ中国拳法の使い手として、シンは好意を抱くのですが、ムイちゃんは、顔にアトピーのようなのが出ていて、それを気にして、前髪で顔を隠している、内気な女の子。シンの好意を素直に受け止めることができません。そんなムイちゃんの気持ちを少しずつ開いていくシン。いーねぇ。少女マンガのようなストーリーだけど、ここまで堂々とアッケラカンとやられると、批評するのがヤボという気になります。

ムイちゃんは彼の愛に答えるべく、一大決心をして、何故か、オカマがやってるヘンな美容院の門を叩きます。躊躇するムイちゃんに、オカマが、まかせといてとウインク。しかし、できあがりは、やっぱりケバケバのオカマメイクで、それでも、お化粧なんかしたことないムイちゃんは、きれいになったと大満足(カワイイ!)。思い切って、シンに思いを告白します。しかし、シンは、友達でいよう、とつれない返事。失意のムイちゃんは、「涙で饅頭がしょっぱくなったので」饅頭屋をやめてしまいます...

ここまで見て、「あれ?ムイちゃんの太極拳はどうなったの?」と思ったのですが、大丈夫!この映画、期待はハズしませんでした。決勝戦で、筋肉増強剤でサイボーグと化した仇敵とあたった少林チーム。さすがの東洋の神秘もサイボーグにはかないません。次々の倒れされていく仲間達。ついにゴールキーパーまで倒され、もはやこれまで、となったその時、「え、まさか」と思ったアナタ、まさにそう通り!ムイちゃんの登場です!ベタやなぁ!(褒め言葉)。しかも、「どうしたらいいかわからなかったから」クリクリの丸坊主で登場。天才的な太極拳で見事ゴールをセーブ。シンとの愛のシュートで見事逆転優勝!なんで昨日まで饅頭屋やってたのにゴールキーパーができるんだよ、というつっこみは、ヤボというモンだぜ。愛なんだよ、それと、太極拳なんだよ!

と、言う具合に、ベタベタ、コテコテのスポ根、純愛ものなんですが、それらに照れずに真正面にぶつかっている点が気持ちよく、素直に感動できる名作となっています。腹を抱えて笑い、純愛に感動する、そんな映画の原点ともいうべき楽しみをたっぷり味あわせてくれます。子供にも見せたくなる、いい映画です。

それにしてもヒロインのムイちゃんは、最初はアトピーで、次はオカマメイクで、次はクリクリ坊主でと、まともな姿は一度もありません。でも、そんな姿だからこそ、ムイちゃんのけなげな性格描写が際立って、とてもカワイク見えてしまいます。かくいう私も、ムイちゃんには萌えました。続編(あるのかな?)で、またムイちゃんに会えるのを楽しみにしています。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ 遠藤なまず (2009-08-17 [月] 12:42)

自分ツッコミ <br> <br>なんと、4年間も、ショーリン(少林)サッカーが、コバヤシ(小林)サッカーになってたことに、気がつきませんでした。コバヤシサッカー!アハハ。

[]